【移住をお考えの方へオススメ本】

〜職業訓練校へのチャレンジ その3〜 〜

空いちゃいましたけど前回の続きから

前回おすすめしたようなテキストを購入してさらっと勉強をしました。

社会と国語は自信があるのですが算数がやっぱり・・・orz

不安に思いつつも職業訓練校の受験までに仕事が決まらなかったので

自費で鹿児島本土に出発!前日に到着して安めの宿泊施設に一泊(お金が無いので)。

たぶんこんなことをしている人は過去屋久島に居なかったでしょうね。

そして当日かなり寒い朝でしたが電車に久々に揺られて専門学校へ。

DSC_1209.jpg


駅に着くとそれらしき集団が・・・あれっ?なんかみんなスーツでないか?

私だけバリバリの普段着でした・・・orz

おまけに席は一番前ですし、テストを始めてみたら結構簡単だったので

テストが完了したのも早く途中退席したのも一番。

「おまえ何しに来てんだ?」みたいな目線が・・・

みんなテスト前は受験のような感じで参考書とか読んでいる人も多々。うーん。


そのあとの面接は屋久島からということで気をきかせてくれたのか

一番目の面接。この順番が遅いと数十分も待つことになります・・・

自分の中でなぜ職業訓練を選んだのか目的意識をはっきりと持っていたので

特に戸惑うことなくスパスパと質問には回答。

「屋久島からは通えないけどどうしますか?」という質問には

鹿児島本土の宿泊施設(安宿)から通いますと回答し特に問題なし。

すぐに面接も終わり退室となったのですが、久々の面接は案外と面白かったです。

結果を聞く前に面接を受けていた会社から翌日に採用の連絡があったので

こちらの職業訓練の話は辞退したのですが、非常に面白い経験でした。


個人的には屋久島でも例えばガイド養成プログラムや森林管理のプロの養成

のようなものを作ってもらって職業訓練ができるようになると素敵だなと思います。

ただ、屋久島に限らず移住を考えた場合は仕事をみなさん辞めているかと思うので

移住先のハローワークにて職業訓練の選択肢は「あり」だということを

覚えておいてくださいね。きっと役に立つと思います。

ちなみに今回の失業生活時に色々と勉強させてもらったのが
実はこの失業生活バイブルでした。

これは辞める前に読んでおくべきものですね。色々と日本は手段があるなと思いました。

何回も読んで勉強させてもらいました。

こちらのランキングに参加しています。
役に立ったらクリックをお願いします。






タグ:職業訓練校
posted by 久我一心 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・求人状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〜職業訓練校へのチャレンジ その2〜

前回の続きから書きますね。

職業訓練校に通うにはまず試験に合格する必要があります。

筆記試験と面接

募集している内容をチェックしたところ時期が中途半端な10月だったので

ほとんど募集がありませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)

ここで重要なのはハローワークの方に必ずどんな募集があるのか細かく聞くこと。

私は現在募集中の一覧を紙で送ってもらいそこからチェックしました。

かなりこれはわかりやすく便利でした。

ネットで探すのもいいのですが、必ずハローワークの聞く方を先にしてくださいね。

でも気になる総合オフィスワークのような募集があったので

IT系の資格を取り直したいのと簿記の資格などを取りたかったので

ハローワークから願書を取り寄せて願書を提出。

ここで気になるのが試験はどこで?というところなのですが

もちろん、鹿児島本土で行います。今回は訓練校に行っての受験です。

課題は面接よりも筆記試験・・・

中学校卒業程度の社会、国語、算数となっていますが

算数って大丈夫かな?とかなり怪しい状態でしたので

こちらの問題集を使って勉強しました。

やってみたところやはり算数が怪しい!

特に角度の問題とか面積とか連立方程式とか???

何回かこの問題集を使ってやり直すことで昔のカンを取り戻しつつ

いざ試験と向かうのでした・・・・

まだまだ続きます。
posted by 久我一心 at 16:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・求人状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〜職業訓練校へのチャレンジ その1〜

屋久島には以前紹介したようにハローワークがありません。

なので、職業訓練校がありません。

職業訓練校は平たく言うと就職するために技術や資格を取得できる学校。

それも雇用保険受給中であればその間は雇用保険をもらえます。受講は無料です。

詳しくは下記のHPでご確認ください。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/safety_net/a3.html

なぜ、この職業訓練校に通いたいかと言うと

自己都合で退職した場合は給付制限が3ヶ月間もありその間は

仕事が見つからなければ何も収入がありません。飢えてしまいますね(笑)

ですが、この給付制限中であっても職業校訓練校に通った時点で

給付金がすぐに支給されます。おまけに下記のようなメリットも。

・通所手当のような支給金もあります。交通費もでます(条件有)。
・給付金がもらえる期間が仮に3ヶ月であっても、職業訓練校のコースが6カ月だったら
 その間給付金が支給されます。
・資格と技術が習得できます。
・勉強しながら仕事探しができます。

私も年が年なので一度資格と技術を習得しなおしながら人生の方向を模索しようかなと
思ってこのような選択肢を用意したのですが・・・

まず屋久島から鹿児島に通うのは無理。種子島は現在募集が無い。
となると鹿児島市内に拠点を構えて通うこととなるのですが
※鹿児島市内は訓練校の応募が多数あります

月3万円で滞在できるような宿がいくつかあるので給付金から計算してみると通えると判断。
お金も給付金を家に半分回すと考えても大丈夫だという結論に至りました。

でも、おそらく屋久島在住でこのような判断をした人は多分過去にいなさそう。
この判断がどうなったのか・・・?

長くなったので続きは次回としますね。

posted by 久我一心 at 13:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・求人状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。